TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
レ ギャラクシー ドゥ カルティエ

カルティエはパリで2019年春夏の新作ジュエリーを発表しました。テーマは ”レギャラクシードゥカルティエ” 壮大な宇宙がテーマです。ただモチーフだけではありません、動きのあるジュエリーは時空を超えたきらめきや神秘的なフォルムを表現しています。ピンクゴールドにダイヤ、ムーンストーン、ミルキークォーツをパヴェセッティングした惑星リングは360度美しさを放ちます。今シーズンのカルティエは、言葉では言い表せないクールで神秘的なジュエリーです。日本では六本木ヒルズ店のみの扱いで明日2月14日から展開予定。

IMG_6878.jpg IMG_6885.jpg

IMG_6882.jpg IMG_6892.jpg IMG_6877.jpg​​ ​ ​

 

華の祭典 by VALENTINO HAUT COUTURE in Paris

2019年春夏パリ・オートクチュールコレクションです。女性はみんな美しい花。と思わせるヴァレンティノのフラワードレス。プリントにエンブロイダリー、カットワークにアプリケなどさまざまなクチュール技をふんだんに使った華の祭典です。ストッキングにも刺しゅうが施され、メイクで花びらのチークを描き、目の周りにつけた羽が花びらのように揺れます。素直に「丁寧に作られた服」「素敵な服」とうっとりするモダンクチュールコレクションでした。

IMG_7010.jpg IMG_6984.jpg IMG_6981.jpg

IMG_6990.jpg IMG_6983.jpg​​ IMG_6975 (1).jpg

「ミューティニティ」反逆のフレグランスby メゾン・マルジェラ

ジョン・ガリアーノメゾン・マルジェラのクリエイティブ・ディレクターとして初のフレグランスを作りました。「ミューティニー」(反乱・反逆)これはジェンダーレス(男性用、女性用の区別がない)そして性を超えたLGBTすべての人たちに向けた香りです。マルジェラのコレクションではLGBTのモデルを度々起用。キャンペーンのショートフィルムでは6人のMutinists(ミューティニスト=反逆者)が映像と言葉でメッセージを発信しています。

IMG_6296.jpg IMG_6294.jpg

IMG_6316.jpgIMG_6314.jpg

「サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-」LGBTをテーマにした映画

サタデーナイト・チャーチ」の試写に行ってきました。「土曜の夜の教会」ここは世間で行き場のない気持ちを抱えるLGBT+Qの人たちを支援する場所です。ブロンクスに住む青年ユリがある日、トランスジェンダーのグループに誘われて「土曜の夜の教会」に行き自分の道に進んでゆくという実体験をもとにしている話です。人がみな、体型も性格、考え方や嗜好が違うようにLGBTも一人の人格を作っている個性です。みなさんに受け入れてほしい。まだまだ不適切な発言をする人がいるのは残念です。この映画で唯一救いだったのはユリの母親の愛情。社会問題をミュージカルタッチで描いた作品で海外の映画祭で数々の賞を受賞しています。ぜひご覧ください。2月22日(金)新宿ピカデリー他全国公開 配給:キノフィルムズ ©2016 Saturday Church Holding LLC ALL rights reserved.

メイン.jpg

サフ?1.jpgサフ?2.jpg

2019春夏ファッショントークサロン at 玉川テラス

2019年、本年もみなさんにファッションの楽しさをもっとお伝えしたいと思っています。早速、恒例玉川テラスでのトークサロンのお知らせです。2019年春夏はマリンテイストが注目です。マリンブルーにボーダーなど、直球ではなくさりげなく取り入れるのが大人のおしゃれの醍醐味。私のコレクションベスト3はエルメス、ロエベ、ジュンヤ・ワタナベでした。シーズン前にぜひ、春夏の旬の着こなし、おしゃれのヒントを聴きにいらしてください。今回は1月末に行われるオートクチュールコレクションの最新情報もお伝えします。お茶を飲みながらスライドでのトークサロンは、どなたでも参加できます。お申し込みはwebから。2月5日(水)14:00-15:30 

http://www.tamagawa-sc.com/terrace/?id-1284

2019rtw-image.jpg

新年会はプラチナボーイ by もとじ

今年の新年会にはプラチナボーイで出かけました。雄の蚕だけから作るプラチナボーイの光沢感はひときわです。銀座もとじさんの企画で養蚕農家、製糸工場、製織工場に出向き、1年をかけて蚕から自分の白生地を作っていただいたもの。淡いダスティーピンクは京都の織楽浅野さんにお願いして仕上げていただきました。ゆっくり時間をかけて作り上げてゆく工程を体験し愛着のある一点です。

IMG_6614.jpg

IMG_6634.jpg IMG_6637.jpg

写真左、バッグはルノー・ペルグリーノの3配色のサテンバッグ

写真右、かんざしはパリの蚤の市で買ったビクトリアン時代のべっこうコーム

2019年 迎春

「笑う門には幸来る」元旦のおみくじでした。2019年、みなさまにも微笑むことが多き年になりますように。今年もよろしくお付き合いください。

IMG_6583.jpg

 

「ちいさな独裁者」 by ロベルト・シュヴェンケ監督

ちいさな独裁者」の試写を観ました。1945年4月、終戦まで1ヶ月に迫ったドイツが舞台です。脱走兵ヘロルトは乗り捨てられた軍用車両で軍服を発見し寒さをしのぐために着込みます。初めはドキドキしていたヘロルトですが、ナチス将校になりすまし兵士を率いる親衛隊長となります。服の威力が魔力になってしまうという少し怖い話です。一兵卒が軍服と同時に権力も手に入れ、囚人を処刑するリトルヒットラーとなってゆくこの物語は、実在した脱走兵がモチーフになっています。映画の最後、テロップが出てくると軍服を来たヘロルトがジープに乗って現代のドイツの街に出現し、普通に暮らす人々を取り締まる映像が流れます。今の時代にも独裁者は現れる!ロベルト・シュベンケ監督は、権力構造の闇があちこちに渦巻いている現代社会への警鐘としてとして本作を制作しました。必見です!2019年2月8日ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA他全国公開

メイン.jpg

サフ?1.jpg サフ?2.jpg

© 2017 - Filmgalerie 451, Alfama Films, Opus Film

「モーフィアス」ホテル in マカオ

マカオで話題のホテル「モーフィアス」に行ってきました。ここは建築家ザハ・ハディド氏の遺作として6月にオープンしたばかりのラグジュアリーホテルです。建物のデザイン自体がアートで緊張感があるのに、そこに入ると違和感なく和めます。メインダイニングのアラン・デュカスのフレンチはもちろん期待通りのおいしさ!もう一つのダイニング「YI」イーは若いシェフ二人組の中国料理レストランです。メニューのないお任せコースのスタイルは、目でも舌でも驚かされるお皿が並びました。昼間はゆっくりスパでマッサージを受けエンターテイメントを見て、夜はお食事を満喫した2泊3日。ホテル内だけで十分満足できるラグジュアリーマカオは女性同士の近場の旅としておすすめです。取材記事は今、発売されているプレシャス1月号で紹介しています。

IMG_5549.jpg IMG_5616.jpg

写真左はロビー。右は「Yi」金のモチーフが個室のような空間を作っています。

IMG_5590.jpg IMG_5589.jpg​​

左、酢辣湯スープ。右、ツバメの巣の前菜。

IMG_5599.jpg IMG_5597.jpg

左、トマトにビーツのソース。中には銀杏などのお野菜が…。右、鳩の燻し焼き。

IMG_5478.jpg IMG_5481.jpg

Valentino TKY 2019プレフォールコレクション

ヴァレンティノが、東京で初めて2019プレフォールコレクションを発表しました。会場の寺田倉庫はエレベーターの中までヴァレンティノレッドの絨毯が敷き詰められました。コレクションは赤、黒、白とアイコンのレースやラッフルにスポーツテイストを加えた軽快なスタイルです。インディゴのシワ加工をしたフリルいっぱいのドレスが新鮮でした。今回のコレクションは日本の「侘び・寂び」がテーマに潜んでいるそうです。ヴァレンティノ銀座店では日本の職人技の屏風やオブジェが飾られ、アニメをイメージした限定商品が発売されています。Valentino TKY 銀座店のインスタレーションは9日(日)まで開催しています。

IMG_6262.jpg

IMG_6222.jpg IMG_6217.jpg

IMG_6197.jpg IMG_6198.jpg

PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>