TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
チェックのメッシュ靴とバッグ by フェンディ

この春夏、旬の柄はチェックです。18SSのフェンディはオーガンジーやチェックをバイアス使いやレイヤードしてチェックオンチェックの楽しいコレクションを並べました。バッグや靴も、もちろんチェックです。透明感のあるメッシュなので足を入れると柄が馴染みます。ラバーやベラクロ使いでカジュアルなコーディネイトの仕上げにおすすめのシューズです。

IMG_7424.jpgIMG_7422.jpg

IMG_7409.jpgIMG_7411.jpg

「リアル x フェイク」「ファッション x サスティナビリティ」 

この過激なスナップは9月のロンドンコレクション、ヴェルサスのショー会場前です。アンチファーを掲げる人たちのシュプレヒコールが飛び交っています。春夏のコレクションだし、ファー素材はどのメゾンも使っていなかったのですが…。カメラマン、ジャーナリストが集まるショー会場では注目され効果絶大です。ロンドンは他の国よりもアンチファー運動が盛んです。25年くらい前に、米ヴォーグ誌の編集長アナ・ウィンターが着ていたファーコートに生卵を投げられたのもロンドンでした。12月のカラート71ワークショップでは繊研新聞社の小笠原さんと会場を巻き込んでその話題になりました。サスティナビリティとファッション。リアルファーを使わない、宣言をしたグッチを含むケリンググループの会社理念など。今年もファッション業界で話題になりそうです。

IMG_6936 (1).jpg

IMG_6938 (1).jpgIMG_6871.jpg

写真右、バーバリーの会場では警察官が動員されショーの招待客を誘導した。

装飾は流転する「今」と向き合う7つの方法 at東京都庭園美術館

2018年カラート71プロジェクト(1月30日)の最初のゲストはリトゥンアフターワーズのデザイナー、山縣良和さんを迎えてトークします。昨年11月、デビュー10週年を記念して東京都庭園美術館で18年SSコレクションを発表しました。展示会で見たときはトレンドのシースルー素材のロマンティックな服、という印象だったのですが、コレクションでは反戦を思わせるストーリー性のある表現で見せました。今までも服だけではなく、アートの世界を覗くコレクションを発表してきた山縣さん。現在、行われている庭園美術館の展覧会にも作品を並べています。服はアートか?の問いとともに、主宰している「ここのがっこう」の話などお聞きします。どなたでも参加可能。お申し込みはメールで。info@carato71project.com

展覧会:装飾は流転する「今」と向き合う7つの方法 Decoration never dies, anyway(2月25日(日)まで)

IMG_9183.JPG

2018年元旦

明けましておめでとうございます。今年もファッション、着物、映画、旅などドキドキワクワクすることをお伝えしてゆきたいと思います。どうぞよろしくお付き合いください。

IMG_6407 (1).jpg IMG_6403.jpg

写真上、17秋冬きものサロン母のタンス、娘のセンス」での写真より。祖母の着物を、千藤さんの帯と合わせて着継いでいます。バッグは鋲打ちしてあるベルベッド4配色のタッセル付、ルノ・ペルグリーノのもの。こちらも20年くらい愛用しています。今年も長く寄り添える素敵なものを見つけたいです!

2018年ゆるりゆるりと…

11月下旬に乗馬で落馬、骨折しました。現在リハビリ中ですが治療のためオーダーメイドでコルセットを作りました。医療器具ですが来年トレンドのPVCでできていてフセイン・チャラヤンなみのシルエットです。2018年はゆるりゆるりと駈歩ではなく並足で歩いていこうと思っています。

209_xl_AC09268.jpg IMG_9170.jpg

写真左、1990年にロンドンコレクションで発表したフセイン・チャヤランの作品

右、医療用コルセット

18s/s ファッショントークサロンのお知らせ at 玉川テラス

11月に予定していた玉川テラスでのファッショントークサロンが延期になり1月15日(月)14:00-15:30に開催されます。春のおしゃれプランに、小物のスタイリングなどアップデートしたコレクショントークを聞きにいらしてください。お茶を飲みながらのトークサロン、どなたでも参加できます。お申し込みはwebから。

●萩原輝美の2018春夏ファッショントレンドトーク

http://www.tamagawa-sc.com/terrace/?id=1118

image-2018SS.jpg

「DRIES」ドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリー映画

ドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリー映画が公開されます。ドリスと言えば、オリジナリティとリアリティが程よくミックスされた作品でパリコレクションでも安定した人気のデザイナーです。映画は2015年3月に発表されたレディスコレクションからスタートします。私が大好きだったコレクションで、当時が思い出されました。インビテーションはプラスティックに入った生きてる緑の苔でした。ショー会場には芝生をイメージしたその日のために織られた長いカーペットが引かれていました。フィナーレ、モデルたちがそのカーペットの上で、思い思いに横たわるシーンは忘れられません。今でいうインスタ映えのシーンでした。また93年のコレクションは「どうしたの?」というがっかりしたものでした。映画の中でドリス自身が「世界中から酷評されたコレクションでありそれが良い転機になった」と話しています。「コレクションでの発表はいつも緊張する、だから続けてゆく」とも。プライベート生活も覗ける自称”病的な完璧主義者”ドリスを1年間密着した映画。それにしてもお城のような自宅が素敵!必見です。2018年1月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野ほか全国順次公開

メイン.jpg

サブ1.jpg サブ2.jpg

© 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

クリスチャン・ルブタン X SABYASACHI

クリスチャン・ルブタンの新作はマルチカラー刺しゅうのパンプスやバッグです。インドのクチュールデザイナー、SABYASACHIとのコラボレーション作品は、インドの手技とパリモードが織りなす楽しいものばかり!主役にしてスタイリングを決めたいアクセサリーです。

 

 

着たい!マルチカラーチェックのプリーツスカート by TOGA

しばらくブログをお休みしてしまいました。突然のけが、入院生活でお伝えもできずに閉じこもっていました。病院生活では「早く服が着たい」と春の服のことばかり考えています。来春はトランスペアレンスが旬の着こなし。透けるオーガンジーPVCアイテムを重ねます。もう一つ気になるトレンドがチェック柄です。大胆なウインドペーンからマドラスチェックまで夏の定番ボーダー以上にチェック柄が登場します。古田泰子さんがデザインするトーガのマルチカラーチェックのプリーツスカートはすでにキープ済み。ロンドンコレクションで見て一目惚れ。東京国立新美術館で行われた東京でのショーでも違うスタイリングで素敵でした。「早く服が着たい」です。

IMG_7111.jpg IMG_7122.jpg

写真左、マルチカラーチェックのシャツとスカート。

写真右、同じチェック柄をシャーリングしたドレス。

IMG_7117.jpg IMG_7128.jpg

写真左、会場はロンドンブリッジの南側に建つ荘厳なサザーク大聖堂。

右はバックステージで、コレクション終えた古田泰子さん。

「DRAWINGS」 by LOU DOILLON at Astier de Villatte

アスティエ・ド・ヴィラットの今年のクリスマスオーナメントが到着しました。今年は、所有するパリの活版印刷工場で、LOU DOILLON (ルー・ドワイヨン)による初のアート本「DRAWING」も出版され、その披露パーティーにルーも来日。ジェーン・バーキンと映画監督ジャック・ドワイヨンの娘であるルーは女優、ミュージシャンとして活躍しています。初のアート本は自分の手や身体を習作していたものに書き下ろしの新作が加わりました。繊細で大胆、エロチックでエレガント、彼女の多面的な女性の魅力にあれています。パリらしいミッドナイトブルーに金の手が表紙を飾ります。クリスマスのギフトにも素敵です💗今年1月、そのパリの活版印刷工場を訪ねました。関連記事 2017.02.21パリの活版印刷工場 by アスティエ・ド・ヴィラット「DRAWINGS」7000円http://www.hpdeco.com

IMG_9074.jpgIMG_8959.jpg

写真右、アスティエのイヴァン、ルーとブノア。

IMG_9071.jpgIMG_8962.jpg

写真右、ハートのサインを描いてくれました。

IMG_8975.jpg IMG_8974.jpg

 

PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>