TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
「ホテル クリヨン」シックにリニューアル  in Paris

オートクチュールコレクションが終わった翌日、友人のデザイナー、アンヴァレリー・アッシュと3日前にリニューアルオープンしたホテルクリヨンでランチをしました。長年閉めて工事中でしたが外観は変わらず、内装は以前のキラキラした感じはなくなりモーブやグレイの家具がシックです。テラスのあるBRASSERIE D’AUMONT(ブラッセリードモン)さすがに38℃の昼下がりでは太陽の下が好きなフランス人でも室内席へ。オイスタバーもでき、私はフレッシュな生牡蠣にオマールのサラダ仕立てをオーダーしました。差し込む陽に楽しいおしゃべりと美味しいひとときを満喫。ティータイムもおすすめです。

IMG_6311.jpgIMG_6314.jpg

IMG_6332.jpgIMG_6329.jpg

写真左上、入ってすぐのカフェはモーブとグレイの内装に。右、ケーキがオブジェのようにおかれています。

ホテル ムーリス  in Paris

パリコレクションの会場にもなるチュイルリー公園を望むホテル・ムーリス。ここに滞在、リニューアルしたばかりのスパを取材しました。スイスはヴァルモンの化粧品が心地よい空間を作り出しています。ボディマッサージもしっかりと力強い!初めて泊まったムーリスですが、一見客にもスタッフは暖かく出迎えてくれました。五つ星のさらに上を行く「パラス」(宮殿)の認定に納得した4泊5日の滞在でした。プライヴ冬号で詳報します。


RIMG7338.JPG RIMG7175.JPG


写真左上、中庭に面した内側もパステルグリーンです。


RIMG7177.JPG RIMG7333.JPG


RIMG7332.JPG RIMG7330.JPG

写真上、メインダイニングでのひとりの朝食はちょっと緊張したけれど、スタッフが良いタイミングで話しかけてくれてなごみました。

タージ マハール パレス  in ムンバイ

ムンバイのタージ マハール パレスに滞在しています。窓の向こうにはムンバイ湾にそびえ立つインド門。パリの凱旋門をモデルにして建てられたそうです。チェックインすると、コムコムというお守りの赤い粉をおでこにつけて、ジャスミンのレイをかけてくれます。白いジャスミンは、インドの儀式に欠かせない神聖な花。甘い香りに包まれました。プライブ冬号で紹介します。


RIMG7999.JPG


RIMG8003.jpg RIMG7995.JPG


RIMG8010.JPG RIMG8050.jpg


SPA然  at ホテル日航東京

暑くなりました。5月に行ったタイの気候と同じくらいです。滞在した「チバソム」は”安寧の隠れ家”という意味。そんな気分に浸れるSPAに行ってきました。お台場にあるホテル日航東京の「SPA然」です。眼前にレインボウブリッジに東京湾、潮風公園が広がっています。5階の屋内プールのバルコニーにはパノラマの温水ジャグジーがあります。ボディアロマトリートメントを受けたあとのリラクゼーションルームでは、ついウトウトと時間が過ぎてしまいます。7月1日から8日まで、ここ「SPA然」にチバソムから熟達のセラピスト2人が来日。タイと同じリゾート気分を満たしてくれそうです。


RIMG7614.JPG


写真上、プールバルコニーにあるジャグジー。


RIMG7612.JPGRIMG7616.JPG


写真上、広い屋内プールの底は淵から1メートル玉砂利になっていて、ウォーキングするだけでも足ツボマッサージの効果があります。


RIMG7620.JPGRIMG7618.JPG


写真上、アロマトリートメントを受けたあとはソファーベッドに横たわりハーブティーで過ごします。

光の catwalk    by  モスキーノ

ミラノに一昨年前できた、モスキーノデザインのホテルに行きました。ウィットにとんだデザイン。ロビーのランプはキャットウォークしているようでした。

RIMG5622.JPG

RIMG5623.JPGRIMG5624.JPG
カワースパーク  in London

7月のオリンピックを前に活気づくロンドン。その郊外にオープンしたカントリーハウス・ホテル、カワースパークに泊ってきました。森に広がる芝生の庭には真新しい乗馬施設が用意されています。心身ともに癒されること請け合いのおすすめホテルです。詳しくは発売中のエクウス6月号を開いてください。 ドルチェスターコレクション  http://www.coworthpark.com


RIMG4750.JPGRIMG4767.JPG


写真上左、ホテルの庭。春先には黄色いポピーが満開。右、厩舎にあるわらでできた馬。


RIMG4710.JPGRIMG4703.JPG


写真上、スパの入り口には馬が泳いでいる絵画。


RIMG4746.jpgRIMG4745.jpg


写真上、化粧室のマークも馬。


RIMG4722.jpgRIMG4716.jpg


RIMG4720.JPGRIMG4719.JPG


写真上、メインダイニングのアート作品。英国人若手アーティストの作品が並びます。


RIMG4688.JPGRIMG4730.JPG


写真上、ピローカバーの飾り刺繍も馬モチーフ。


RIMG4756.JPGRIMG4757.JPG


写真上、バスルームの窓にも馬のオブジェ。




コンチネンターレ  in Firenze

残暑の東京を後にフィレンツェへ。ホテル・コンチネンターレに滞在。アルノ川に架かるポンテ・ベッキオを臨む角に建つホテルです。室内はシンプルな白い内装。大きなソファーとクッションがおかれたあちこちの共有スペースは、住み慣れたリビングルームのように寛げます。 continentale http://www.lungarnohotels.com

RIMG2608.JPGRIMG2610.JPG

写真上、室内のベットと窓際のソファー

RIMG2704.JPGRIMG2727.JPG

写真左上、大きなテレビのある部屋 右上、アルノー川を見下ろせるリラックスルーム

RIMG2721.JPGRIMG2708.JPG

写真左上、ここはどこでしょうか? 右は屋上のバースペース

RIMG2702.JPG

エレベーターの中でした!

シャトーホテル パビオン・アンリ4世

パリの郊外、サンジェルマン・アンレーのシャトーホテル、パビオン・アンリ4世に1泊。眼下に流れるセーヌ川の向こうに遠くパリが見渡せます。森の中の青空カフェで頼んだ1ユーロ(120円)のグラスワインと2ユーロ(240円)のポテトフライでたっぷり2時間、お散歩できます。オペラ駅から高速メトロで30分。プチ旅行におすすめです。


RIMG2363.jpgRIMG2359.JPG


写真左、お城の庭からホテルに入る入り口。右、ホテル玄関。


RIMG2345.jpgRIMG2366.JPG


写真左、パリが一望できるレストランで朝食。右、レストランからの景色。


RIMG2336.JPG


RIMG2328.JPGRIMG2330.JPG


RIMG2331.JPGRIMG2335.JPG


写真、夜景とディナー。ホテル パビオン・アンリ4世 http://www.pavillonhenri4.fr

 
ブラウンズ ホテル in London

2年ぶりのロンドンコレクション。今回はちょっと奮発して全室リニューアルしたテブラウンズホテルに滞在しました。レストランやラウンジは創業以来ずっと変わらないクラシックな佇まいです。
http://www.roccofortecollection.com

RIMG07844.JPGRIMG07900.JPG

イングリッシュブレックファストで早速ロンドン気分に。翌日いただいたコンチネンタルブレックファストは伝統的なスコティッシュ・ポーリッジ(オートミール)で始まりました。

RIMG0804.JPGRIMG0853.JPG
プリンチペ サヴォイア in Milano

廊下を歩いていたら、ペンキをもった女性が壁を塗っています。プリンチペの壁には手描きで装飾と部屋番号が描かれています。そのメンテナンスをしていたのがアーティストのロレンツォさんでした。彼女は週に2度、全館を見回り少しの汚れも見落とさずに修正するのだそうです。良き物を受け継ぐにはメンテナンスが大切。隠れた心遣いにホテルの格式を感じました。


RIMG03933.jpgRIMG03999.jpg


RIMG03977.jpgRIMG03988.jpg

PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>