TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
「ALL GENDER」 at ホイットニー美術館 in N.Y

とてもシンプルで人に優しい案内表示を見ました。ニューヨーク、ホイットニー美術館のお手洗いの案内表示です。先日、新聞でも話題になっていましたが LGBT( レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった表現)の人が公共のお手洗いに入る時に、見かけで判断されて入りづらかったと。「男女兼用」という意味より深い ALL GENDER( あらゆる性)この表示、日本でもおしゃれに平和に広まれば良いなと思います。

IMG_5086.jpg

IMG_5087.jpg IMG_5088.jpg

「カラート71プロジェクトワークショップ」

カラート71プロジェクトワークショップ高田賢三さんをゲストにお迎えします。昨年4月にスタートしたこのワークショップ、目的は「成長から成熟の時代へ。売れない時代のファッション起こし」ゲストのお話を聞き、みなさんで自由に発言する交流の場です。6月16日(金)18:30-19:30 詳細は下記サイトで。

 http://carato71project.com/2017/5/24/carato71project-workshop-vol-12

DSC_3642.JPG

写真上、昨年夏東京でのレセプションで。高田賢三さんと。

パリの活版印刷工場  by アスティエ・ド・ヴィラット

ナチュラルテイストの陶器が人気のアスティエ・ド・ヴィラットが活版印刷工場を所有することになりました。以前からアスティエのカタログの印刷を行っていた工場で現在、その古い活版印刷機を動かせる職人は4人という小さな工場です。「美しいものを残してゆきたい」というオーナー兼デザイナーのブノアとイヴァンの熱い思いから、工場を傘下に収めることに…。その工場はパリ市内から車で40分ほどの郊外にあります。コレクション最終日、二人の案内で工場を訪れました。インクの匂いがする工場内のあちこちに、アスティエのカタログやアジャンダ(ダイアリー)が散乱していてギャラリーのようでした。時は美しさに味方する。という言葉を思い出しました。

IMG_2247.jpg

写真上、待ち合わせをしたアトリエでクリスマス作品を作る巨匠バルテュスの節子夫人とお茶をいただきました。仕事着というタブリエが素敵だったので一緒に撮影。クリスマス作品は今まで以上の大作、楽しみです。

IMG_2270.jpg IMG_2262.jpg

IMG_2265.jpgIMG_2253.jpg

世界発信のおしゃれ考口座

玉川テラスでのファツショントークのご案内です。この秋は新しいボリューム感が人気を呼びそうです。昼下がりのひとときお茶を飲みながら、世界が発信した秋のおしゃれを着こなしの参考にしてください。4月20日(水)14:00-15:30お申し込みは下記サイトで。
http://www.tamagawa-sc.com/terrace/?id=775
R.jpg

写真上、エルメス16-17秋冬コレクション。

続くPETAのデモンストレーション   in Paris

パリで動物愛護団体、PETAの静かな抗議がありました。毛皮使用に反対して80年代からコレクション会場で過激な抗議活動を続けています。エルメス、ゴルチェ、フェンディにディオールと、たくさんのブランドがやり玉にあげられてきました。ゴルチェのコレクションではフィナーレ直前にモデル並の美女がひとりアンチファーのプラカードを掲げてステージに乱入したり、血ぬられたあざらしの子供の巨大写真を張り出したり。ロンドンでは毛皮コートを着ていたアナ・ウインターが生卵をぶつけられたこともあります。3月小雨降る中、裸でポーズをとるPETAの活動家がカメラのフラッシュを浴びていました。

16.4.4.jpg

世界発信の”おしゃれ”考講座

「人は見かけ」です。玉川テラスでお茶しながらのファッショントークを開きます。昼下がりのひととき、世界が発信した来年春のおしゃれを着こなしの参考にしてください。12月3日(木)14:00-15:30 お申し込みは下記サイトで予約できます。http://www.tamagawa-sc.com/terrace/?id=710&__status=2015-11-11


IMG_5138.jpg


写真上、パリで発表した sacai 2016年春夏コレクション。

ヴィンテージカード   in  Paris

見つけちゃいました!パリの蚤の市の大好きな雑貨屋さん。ここでよくヴィンテージのカードを買っているのですが、店の奥まった一角に埃をかぶって置かれていた一枚の黄ばんだカード。先日ホテルに届けられたグッチのインビテーションにそっくりなんです。もしかして、そのオリジナル?でもさすがグッチデザイナーのミケーレさん、ひと技ふた技を加えて素敵なカードに仕上げていました。


IMG_5250.jpg

ギフトショップ    by  バーバリーブティック ロンドン

バーバリープローサムコレクションの夜、リージェントストリートのバーバリーブティックにできたカフェ「Thomas's」でカクテルイベントがありました。カフェからつながる売り場はギフトショップになります。その場でレザーグッズにイニシャルを刻印してくれるサービスやトレンチコートのギャバジンリボンでラッピングしてくれるなど、バーバリーならではのギフトグッズが揃います。


R0010799.jpg R0010800.jpg


 R0010796.jpg R0010795.jpg


ヴァレンティノの肉厚豪華本

ヴァレンティノが肉厚豪華本を上辞しました。この夏ローマで行われたヴァレンティノコレクションの過去と今、そしてこれからのすべてを説き明かそうという魂心の一冊です。18世紀、ローマに君臨したメディチ家所蔵の美術品と古代ローマ遺産はヴァレンティノコレクションのルーツです。そのすべてを収めた本の重さ、なんと6kg超!秋の夜長、グラス片手に頁を繰ってみたら…。


IMG_4354.jpg


IMG_4358.jpgIMG_4356.jpg


写真左、ローマの建造物からイメージされたドレスの襟。


IMG_4363.jpgIMG_4364.jpg


IMG_4365.jpgIMG_4361.jpg

フェンディ&カールの豪華揮ごう本、完成   by  FENDI

フェンディから木箱入りの本が届きました。重さ4圓箸いζ厚本です。「FENDI BY KARL LAGERFELD」。カール・ラガフェルドフェンディのコラボレーション50年の記念本です。カールのデザイン画とスケッチ、なんと50.000枚を収めた貴重な揮ごう本です。ロゴのデッサン、過去50年のアーカイブ作品など。この秋フェンディの限定店舗で販売予定。価格20.000円


IMG_4259.jpg


IMG_4266.jpg IMG_4258.jpg


IMG_4264.jpg IMG_4260.jpg


IMG_4267.jpg IMG_4261.jpg

PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>