TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
「フライング・クラウド」号 シャネルのクルーズライフ

CHANELの新作ハイジュエリーは1920年、ガブリエル・シャネルウエストミンスター公爵とのクルーズライフをイメージしたコレクションが並びました。ボーダーシャツにセーラーパンツを合わせ浜辺に立つガブリエルの写真は有名ですが、ジュエリーにもボーダーがたくさん登場しました。パールやダイヤにブルーサファイアでラインを入れます。ダイヤで水の弾けるスプラッシュを表現したり、パールやビーズで船のロープやセーラー服のブレードを編んでいます。カシミアニットにさりげなくロングネックレスを合わせる。セレブならではの冬のクルーザースタイル、素敵です。

IMG_6221.jpgIMG_6220.jpgIMG_6223.jpg

IMG_6211.jpgIMG_6229.jpgIMG_6215 (1).jpg

 

AGATHA Paris  パリのプルミエール・アクセサリー

AGATHA アガタは1974年創業のパリのコスチュームジュエリーブランドです。私が80年代にパリに住み始めた時、初めて買ったアクセサリーがAGATHAでした。サンジェルマンのブルマリン(パリではネイビーとは言わず)のショップはパリそのものでした。そのAGATHAの新作です。色彩豊かな画家アンリ・マティスをイメージした楽しいモチーフが揃いました。モビールのように揺れるネックレスとイヤリングがお気に入りです。歩くたびに表情を変えて楽しい!デイリーに使いたいアクセサリーです。

  

写真左、イヤリングとラリエットタイプのネックレスをつけてみました。Noir Kei NinomiyaのTシャツにブルネロ・クチネリのスカートはこの夏のお気に入りコーディネイト。AGATHAのアクセサリーは主張すぎずに、遊びココロを添えてくれます。

 

ミキモト銀座本店

MIKIMOTOが銀座本店のリニューアルを終え、オープンしました。1階は入口から大きなウインドウまで店内が見渡せるガラスのファサードで開放的です。各フロアーのイメージごとに、異なったインテリアデザイナーを起用して変化のある売り場になっています。マリアージュのフロアーはラリックのガラスがロマンティックです。モデルを使ったプレゼンテーションではモダンでフレッシュなパール使いからウエディングドレスと一体になったゴージャスなものまで揃いました。花婿さんにも黒のタキシードにパール1連のロングネックレスが添えられています。イタリア人デザイナー、ジャンバティスタ・ヴァリはいつも黒い服にパールのショート1連ネックレスがトレードパーク。男性のパールネックレスもポピュラーになるかもしれませんね。

IMG_5521.jpg IMG_5522.jpg

IMG_5520 (1).jpg IMG_5513.jpg

IMG_5509.jpg RIMG0642.jpg

写真左、タキシードにパールロングネックレス。右、ジャンバティスタ・バリさんとパリのショールームで。

「NATURE&NICORAI BERGMANN」

人気のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンが自らデザインするジュエリーコレクションを発表しました。イメージはもちろん花。小さな蕾から花を咲かせるまでの繊細なモチーフがリングに、ペンダントヘッドにデザインされています。ストーリーのあるコレクションはシルバーからゴールドまでプライスレンジも幅広く揃っています。贈られると幸せな気持ちになるニコライの花のブーケ。その香りが漂うようなジュエリーです。

IMG_5504.jpg

IMG_5505.jpgIMG_5493.jpg

IMG_5491.jpgIMG_5492.jpg

「麦の穂」  by ブシュロン、ショーメ

オートクチュールコレクション最終日は、ヴァンドーム広場を囲むジュエラーの新作発表会が行われます。シャネルによる「麦の穂」のインスタレーションを窓越しにロブションでは「麦の穂」のアーカイブが飾られ、ショーメでも新作がお目見えしました。なぜ、今「麦の穂」?金色に輝く麦の穂は身近で素朴なモチーフですが『豊かさ』『繁栄』の意味があるそうです。もっともジュエリーのお値段は数千万円から4億円までのハイジュエリーですが…。繊細な穂を描く手技(アルチザン)は見事です。

ブシュロン1.jpg ブシュロン2.jpg

ブシュロン3.jpg

写真上、ブシュロンの50年代のポスターとアーカイブ作品。

ショーメ1.jpg ショーメ2.jpg

ショーメ3.jpg

写真上、ショーメの新作ハイジュエリー。ショーメと言えば、ティアラです。カジュアルに使いたい!

夜空に輝くグリッター・ジュエリー  by TASAKI

TASAKIハイジュエリーの新作の名は「palm glitter (パーム・グリッター)」。夜空に輝く花火をイメージして、サファイア、トパーズ、ツァボライトといった色石がたくさん使われています。パールとダイヤモンドが多いTASAKIでは珍しいジュエリーです。クリエイティブ・ディレクター、タクーンの新作。9月発売予定です。

tasaki2.jpg tasaki1.jpg

写真左「パーム・グリッター」右、花火玉に見立てた南洋真珠を色石が囲む「ファウンテン」

tasaki3.jpg tasaki.jpg

写真左、グラフィカルな星ネックレス。右、星とパールのネックレス。

開けます!アドベント(クリスマス)カレンダー byマリーエレーヌ ドゥ タイヤック

ジュエリーブランド、マリーエレーヌ ドゥ タイヤックから楽しいカードが届きました。アドベント(待降節)カレンダーです。待降節(クリスマスの4週間前からクリスマスまで)の日めくりカレンダーです。日にちが書いてある窓を1枚ずつめくってゆくと、中からジュエリーが…。今日25日、その最後の大きなドアを開ける日です…💓ドキドキ。


IMG_6243.jpg


輝きを抑えた静かなリング   by  Last Dance

パリコレブランドのアタッシュ・ド・プレスとして40年に亘って活躍されてきた武田千賀子さんがジュエリーデザイナーとしてデビューしました。ブランド名は「ラストダンス」。日本で見つけた色石に研磨をかけマットに仕上げたリングたち。爪をつけずに石が指にのるというシンプルだけれど難しい技法で作られています。輝きを抑えた静かなデザインなのに、ずっしりとした存在感のあるジュエリーは、武田さんそのままの佇まいです。http://last-dance.jp/


IMG_6020.jpg


IMG_6026.jpgIMG_6022.jpg

ウィンクチャーム   by  マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤック

 毎シーズン、ユニークなモチーフを繊細なジュエリーに仕上げるマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックの秋冬新作はぱっちり、どっきりの目です!”クラン・ドゥイユ(ウィンク)シリーズのペンダントトップをしたら、胸元を見つめられそう…。

IMG_3361.jpg

IMG4.jpgIMG5jpg.jpg
Bijou de M   in Aoyama   

ジュエリーブランド、ビジュー・ド・Mのブティックがオープンしました。青山、骨董通りを少し入った路地に面した落ち着いたスペースです。真っ白な部屋はマドモワゼルたちのリビングを思わせるリアルな空間です。デザイナー未欧さんが小さい頃ジュエリーデザイナーのお母さまにねだって作ってもらったのがうさぎのモチーフ。そんな小さな夢をカタチにしたビジュー・ド・Mのオリジナルジュエリー。作り手の透き通った思いが店内いっぱいに広がっています。


IMG_2855.JPG


写真上、ビジュー・ド・Mのオリジン、うさぎのリング。


IMG_2862.JPG IMG_28588.jpg


写真左上、デザイナーの未欧さんと。右上、イルカのブローチ。 

PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>