TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
<< カムフラージユコート   by  フェンディ | main | 「きものクチュール」   by  きものSalon(世界文化社) >>
ランジェリー展   at  表参道

東京・表参道でちょっと変わった”ランジェリー展”が開かれました。ヴィンテージランジェリーがずらり。その変遷を展示したものです。女性下着のルーツはコルセット。ウエストを細く見せるだけではなく、ブラジャーの代わりに胸をキュッとあげる役割でした。ブラジャー&ガードルは1920年代(戦時中)のギャルソン・ルックで登場したもの。1947年のムッシュー・ディオールがオートクチュールコレクションで発表した”ニュールック”は永遠のピンナップ・シルエットとして今に継がれています。ランジェリーはボディーを矯正して服のラインを作り出すものだったんです。透ける服の下にタンクトップだけというんでは何とも味気ない。ヴィンテージ風ランジェリーやきれいなキャメソールを透かせれば、ぐっと格上のおしゃれになります。秋、クラシック&セクシーランジェリーおしゃれしてみませんか?おすすめです。


IMG_0641.JPG


IMG_0635.JPG IMG_0619.jpg


IMG_0637.jpg IMG_0623.jpg


IMG_0621.jpg IMG_0636.jpg

COMMENT









Trackback URL
http://hagiwaraterumi-bemode.com/trackback/404
TRACKBACK
PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>