TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
<< ヴィクター&ロルフ   オートクチュールコレクションin Paris | main | 花を纏い、花を香る   by  ジョー マローン >>
「デイオールと私」

ディオールと私」の試写に行ってきました。50年代のムッシューディオールを辿りながら「私」、今のディオールのアーティスティック・ディレクター、ラフ・シモンズを追いかけるドキュメンタリー映画です。ラフ・シモンズのデビューとなったオートクチュールコレクションまでの日々、メゾンの裏側を覗きます。アトリエの縫子さんたちのナマ!?の声がとってもリアル!10年前、取材でアトリエの中に入ったことがあります。そこには今までの顧客、王室や女優のボディが作られてずらりと並んでいました。手間をかけ一つ一つていねいに仕上げる。作り手の心意気をみる思いでした。映画の最後を飾ることになるラフのデビュー、オートクチュールコレクション。涙するラフの思いがこちらにもじんわりと伝わってきました。コレクション会場でギフトで渡されたのがオードトワレ「ミス・ディオール」。服を着て、ミス・ディオールを香らせてコレクションが完成するのです。…ムッシューディオールのメッセージ。ミス・ディオールの香りはムッシューディオールの生家のバラの香りです。服好きの人もそうでない人も絶対楽しめる映画です。『ディオールと私』3月14日(土)、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー (c)CIM Productions


メイン.jpg


サブ4.jpg


RIMG5253.JPGRIMG5252.JPG


RIMG5249.JPGRIMG5247.JPG


RIMG5250.JPGRIMG5244.JPG

COMMENT









Trackback URL
http://hagiwaraterumi-bemode.com/trackback/449
TRACKBACK
PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>