TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
<< 行ってきましたミラノの新名所   by  PRADA | main | 世界発信の”おしゃれ”考講座 >>
パリとベイルートそしてマララとナビラ

パリ同時多発テロに世界中が怒りと悲しみに包まれました。しかしその前日ベイルートで起こった死傷者200人というテロ惨事には世界は何の関心も見せません。どういうことなんでしょう。アメリカやフランス、ロシアの空爆もその犠牲になる一般市民にとってはテロなんですよね。もうひとつ気になることがあります。もうひとりのマララと言われているパキスタン人のナビラ・レフマンさん(13)のことです。ナビラさんもアメリカの空爆テロの犠牲者。ナビラさんは農作業中に米国の無人機ミサイルで負傷したのですが、政府の援助は何ひとつないままに国内難民となりました。タリバンに襲撃されたマララさんはノーベル平和賞をとるほどの英雄になりました。彼我の違いにガク然とします。先日ナビラさんは現代イスラム研究センターの招きで来日、講演したそうです。


IMG_5924.jpg


COMMENT









Trackback URL
http://hagiwaraterumi-bemode.com/trackback/517
TRACKBACK
PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>