TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
<< 時代を切り張り 時を跨いだプラダのコラーシュコレクション | main |  痛っ!極薄レザーで見せる絶妙のピンワーク トッズ'16-17AWコレクション >>
生ハムマダム奮戦記

プロシュート コン メローネ(生ハム&メロン)はイタリアン前菜の定番です。夏の「生ハム&イチジク」もおいしいですが、今回ミラノのトラットリアで初めて食べたのが「生ハム&キウイ」と「生ハム&春クルミ」。旬の果物ならなんでもあり!ということですね。王道メロンには叶わないけれど、キウイの酸味が生ハムを突き上げてインパクトのある逸品になります。そういえば帝国ホテルが生ハム新世紀を謳った大人のスイーツを考案中だとか。クルミは相性がいいとは申せません。お暇ならどうぞ。 

IMG_7127.jpg

写真上、色合いはブーケのよう。
COMMENT









Trackback URL
http://hagiwaraterumi-bemode.com/trackback/545
TRACKBACK
PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>