TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
<< 「ロダルテ」ガーデンの妖精たち  in Paris | main | 「ヴァレンティノ」胸キュン躍るオートクチュールコレクション >>
「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」圧巻の展覧会  in Paris

パリでクリスチャン ディオールのデビューコレクションから創業70周年を記念した展覧会が始まりました。3日に行なわれたプレスプレビューには大勢の招待客がディオール スタイルで集まりました。パリ装飾芸術美術館で、ホールまで含めた3.000平方メートルのスペースに300点以上が並ぶ壮大なスケールです。1947年に発表されたムッシュ・ディオールニュールックは今なお受け継がれています。ムッシューがデザイナーとして活躍したのはたった10年間。突然の死により後を継いだサンローラン、そして現在のマリア・グラツィア・キウリまで6人の作品が並びます。圧巻は360度天井までトワルを飾った部屋です。透ける素材や何種類もの綿を使いながら、忠実に繊細にフォルムを作っています。必見の展覧会です。パリ装飾芸術美術館で2018年1月7日まで開催。

IMG_6014.jpg

IMG_5987.jpgIMG_5989.jpg

写真左、1947年発表されたムッシュ・ディオールのニュールック。

写真右、影響されたデザイナーのコレクションが並びます。コムデギャルソンも登場。

IMG_5984.jpgIMG_6042.jpg

写真左、同じガーデンをモチーフにしたムッシュ・ディオール、ラフ・シモンズ、マリア・グラツィア・キウリの作品。お気に入りのブースです。

写真右、ガーデンで行なわれたカクテルパーティーでは花や穂で作られた一夜だけの”ニュールック”ドレスが並びました。

COMMENT









Trackback URL
http://hagiwaraterumi-bemode.com/trackback/650
TRACKBACK
PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>