TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
<< IHNN 18-19AWコレクション | main | つるモチーフのジュエリー by ショーメ、ボッテガ・ヴェネタ >>
タコが吸い付くルーベライトネックレス by ショーメ

パリの老舗ジュエラー”ショーメ”と言えばティアラや王冠が有名です。そのクリエーションは1780年からナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの御用達だったことに始まります。「ショーメ時空を超える宝飾芸術の世界」が丸の内で開催されています。ルーブル美術館所蔵の肖像画とともに登場する宝飾品の数々は必見です。職人技による斬新なデザインアイテムは今まで未発表のものも並びます。毎シーズン、パリのヴァンドーム広場で行われる展示会は拝見しているのですが”タコのネックレス”は初めて見ました。ロッククリスタルでできたタコが真っ赤なルーベライトに吸いついているネックレスは愛情の表現だそうです。ユーモアたっぷりのお茶目なアイテム。300点にも及ぶ作品が並ぶ展覧会、おすすめです。2018年9月17日まで三菱一号館美術館で開催。

IMG_2424.jpg IMG_2416.jpg

IMG_2433.jpg IMG_2435.jpg

IMG_2441.jpg IMG_2450.jpg

写真左、タコのネックレス1970年作。右、タータンチェックを表現したリボンブローチ。

COMMENT









Trackback URL
http://hagiwaraterumi-bemode.com/trackback/714
TRACKBACK
PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>