TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
<< グラス・オ・ショコラ by アラン・デュカス | main | 「COLORATURA」キャンディーのようなハイジュエリー                       by カルティエ >>
3Dと手技のクチュール by イリス・ヴァン・ヘルペン

イリス・ヴァン・ヘルペンパリ・クチュールコレクションで発表しているオランダ人デザイナーです。3Dプリントによる立体的なシルエットをクチュールテクニックで繊細に仕上げる作品が特徴です。羽のように軽やかで蝶のようなシルエットを鮮やかに写し出す作品は独特です。バックステージに入り作品を見ると、ヒートカットされたフラノにレザーリボンを編んでシルエットを出すジャケットに、オーガンジーの端にレザーリボンをつけて張りを出したドレスなど、何人もの職人の技術により完成された作品が並びます。イリスにインタビューすると「1着作るのに1ヶ月はかかるの。だから17着が精一杯。これが私のスタイルです」オートクチュールは自分スタイルが貫ける場のようです。

IMG_2679.jpg IMG_2716.jpg

IMG_2718.jpg IMG_2713.jpg IMG_2709.jpg ​​

COMMENT









Trackback URL
http://hagiwaraterumi-bemode.com/trackback/722
TRACKBACK
PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>