TERUMI HAGIWARA OFFICIAL BLOG
輝きを抑えた静かなリング   by  Last Dance

パリコレブランドのアタッシュ・ド・プレスとして40年に亘って活躍されてきた武田千賀子さんがジュエリーデザイナーとしてデビューしました。ブランド名は「ラストダンス」。日本で見つけた色石に研磨をかけマットに仕上げたリングたち。爪をつけずに石が指にのるというシンプルだけれど難しい技法で作られています。輝きを抑えた静かなデザインなのに、ずっしりとした存在感のあるジュエリーは、武田さんそのままの佇まいです。http://last-dance.jp/


IMG_6020.jpg


IMG_6026.jpgIMG_6022.jpg

ウィンクチャーム   by  マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤック

 毎シーズン、ユニークなモチーフを繊細なジュエリーに仕上げるマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックの秋冬新作はぱっちり、どっきりの目です!”クラン・ドゥイユ(ウィンク)シリーズのペンダントトップをしたら、胸元を見つめられそう…。

IMG_3361.jpg

IMG4.jpgIMG5jpg.jpg
Bijou de M   in Aoyama   

ジュエリーブランド、ビジュー・ド・Mのブティックがオープンしました。青山、骨董通りを少し入った路地に面した落ち着いたスペースです。真っ白な部屋はマドモワゼルたちのリビングを思わせるリアルな空間です。デザイナー未欧さんが小さい頃ジュエリーデザイナーのお母さまにねだって作ってもらったのがうさぎのモチーフ。そんな小さな夢をカタチにしたビジュー・ド・Mのオリジナルジュエリー。作り手の透き通った思いが店内いっぱいに広がっています。


IMG_2855.JPG


写真上、ビジュー・ド・Mのオリジン、うさぎのリング。


IMG_2862.JPG IMG_28588.jpg


写真左上、デザイナーの未欧さんと。右上、イルカのブローチ。 

ベビーパール   by  ココミーユ

ベビーパールだけで作られるジュエリーブランド、ココミーユの展示会に行ってきました。見つけました!普段使いにぴったりのピアスです。色と大きさを変えた3種類のパールで作るピアスにはキャッチとチェーンにもパールが付けられています。表と裏の色を替えたり、チェーンはとりはずしたりして変化を楽しむこともできます。ベビーパールだからそこできるリアルファッション。必須のおしゃれアイテムになりそうです。 

IMG_1501.jpg IMG_1499.jpg

IMG_1494.JPG

写真上、青山のレストラン、ランベリーによるパールをイメージしたデザート。
「リアン」リングペンダント   by  ショーメ

見つけました!ショーメのクリスマスジュエリー、リングのチャームがついたネックレスです。軽い気持ちで受け取れるように、とデザインした新ネックレスだとか。33万円。この値段、軽いか思いかはあなた次第ですね。「リアン」(絆)リングペンダント11月上旬より発売。ホワイトゴールドにダイヤモンドです。


IMG_0792.jpg


ティアラ   by  カルティエ

ハイジュエリーは普通、石を見てから全体のデザインを決めるものです。でもカルティエのこの新作はデザインに合わせて石を探すという手順を踏んだものです。スケール、バランス、統一感、リズムに変化が作り出す美しさ。石もその中に納められてはじめて輝くということなのですね。ロイヤルにオーダーされたデザインをイメージして作られたティアラに圧倒されました。


RIMG9532.JPG


RIMG9534.JPGRIMG9533.JPG


RIMG9524.jpg RIMG9521.jpg

ジュエリーウォッチ   by  ピアジェ

ピアジェはどこよりも長い歴史を持つジュエリーウォッチの老舗です。そのエレガントなデザインは創業当時の職人技が作り出したものです。60年代ジャッキーがオーダーしたというジェイド(翡翠)の腕時計の復刻版が、来春登場します。カーキにも見えるモダンなグリーンとマットゴールドのメッシュが繊細です。鮮やかなブルーのラピスラズリーも一見の価値ありの逸品です。


IMG_0480.jpg IMG_0481.jpg


IMG_0483.jpg IMG_0485.jpg


カフェ ソサエティ   by  シャネル・ジュエリー

シャネルのハイジュエリー発表会場に選ばれたのは、アベニュー・モンテ−ニュのシャンゼリゼ劇場です。映画「モンテーニュ通りのカフェ」(実際に劇場の前にあるカフェ)にも出てくる100年前にできた歴史ある劇場です。劇場の舞台に登場したライトを返して輝く小さなバレリーナたち。古きパリの黄金時代、20年代のアーティストたちが集うカフェ ソサエティをテーマに新作が並びました。石の大きさよりもデザイン重視。ココ・シャネルの生き方が継がれています。


RIMG9722.JPG


写真上、劇場のシャンデリアはカメリアのようなモチーフ。


RIMG9724.JPGRIMG9725.JPG


RIMG9721.jpg RIMG9727.jpg


ハイジュエリー   by  ディオール

パリ、オートクチュールコレクションに合わせて、もう一つの超ラグジュアリーなイベントが開かれています。1億円を超えるハイジュエリーが勢揃いするジュエリーコレクションです。ディオールは、いつも意表をつくユニークな作品を発表します。今回の新作は、ムッシュー・ディオールのオートクチュールドレスをイメージしたジュエリーです。バージャケットの膨らみやスカートのひだが、ダイヤと色石を重ねて表現されています。真っ暗な会場では、30センチ大のミニチュアドレスと並んでディスプレイ。美しさに誘われて思わず手を伸ばすと…途端にビビビビウィーン!とセンサーのドッキリ音。厳重警戒のプレゼンです。


RIMG9716.JPG


写真上、サロンに並んだ60年代のムッシュー・ディオールのクチュールコレクションの作品。


RIMG9710.jpg RIMG9709.jpg


RIMG9700.jpg RIMG9702.jpg


RIMG9711.jpg RIMG9705.jpg


写真上、ミニチュアドレスと並んだハイジュエリー。

ウマ・ジュエリー   at   エルメス

ところで、ウマと言えば、エルメス。エルメスの新作発表展示会で登場したのはウマモチーフのジュエリーです。ウマ好きにはたまらないリアルな顔。秋発売です。


IMG_0255.JPG


IMG_0254.jpg IMG_0257.jpg


写真上、ゴールドにダイヤのの目がついたアクセサリー。

PROFILE
萩原輝美
ファッション・ディレクター


毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。


CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>